IN-Childプロジェクト始動1 | 株式会社 紬~つむぎ~

IN-Childプロジェクト始動1


紬では、来年から本格的にこの「 IN-Child プロジェクト」を始動していきます。

当社の岡田社長とこのプロジェクトの琉球大学ハン教授との提携に向けて準備に入りました。それらに伴い「 IN-Child 」がもたらす・・・また「 IN-Child 」となんだろうというお話をしていきたいと思います。

  • 包括的教育プログラム
  • IN-Childプロジェクト
  • IN-Child 子どもの中の子ども

学校教育現場の中には、多様な子どもたちがいます。
どんな子どもでも、子ども同士の輪の中で成長していく。
そういった願いが込められて、IN-Childが生まれました。

発達の遅れや知的な遅れが見られる子だけでなく、情緒面や身体面にニーズのある子、家庭に悩みをかかえる子。

この子たちには担任の先生だけではなく、専門家を含めたチームでの包括的教育が必要です。

これまで「気になる子」「気がかりな子」と呼ばれていたこの子どもたちを「IN-Child(イン・チャイルド)」と名付けました。

このプロジェクトでは、IN-Childの教育のために琉球大学と先生方がチームを組んでIN-Child一人ひとりの教育プランを作ることを目的としています。

 

続く・・・・。