腸内環境と言うけれど | 株式会社 紬~つむぎ~

腸内環境と言うけれど


食べ物の消化器官として、健康や美容に深く関わりのあるのが「腸」。最近は、腸内環境が脳の働きとも密接に関わっていることがわかっています。

なんと、幸せな気分になれるかどうかまで腸内環境が左右しているようです。

今回は、いま注目の「腸」について、フォーカスしてみます!

腸はそもそもどんな働きをするの?

知ってるようで知らない方が多いいと思います。
腸のすごさを知る前に腸の性能についておさらいしてみましょう。

腸は、食道、胃に続く食べ物の消化器官の1つです。腸とひと口に言っても、小腸と大腸に分けられます。さらに、小腸は十二指腸、空腸、回腸の3つ、大腸は盲腸、上行結腸、横行結腸など6つからなります。長さは、小腸で6~7メートル、大腸で1.5メートル。合計すると、身長の4~5倍にもなります。とても長いんですよ!

小腸と大腸では主な働きが違います。

~小腸は食べ物の消化・吸収を担当~

栄養分の吸収のほとんどが小腸で行われます。

~大腸は食べ物の残りかすから水分を吸収~

大便を形成する役割を担います。この大便を形成するときの大腸の働きぶりがとっても重要なんです! 

腸内環境が整っていて大腸がうまく働くと良い便ができます。

この流れをよく把握しないといけません!!!

逆に、腸内環境が整っていなくて良くない便ができると、有害な物質が腸壁を通じて体内にめぐり、様々な病気を引き起こす原因になってしまうのです。

どうです?
腸内環境・・・・恐るべしですね

・・・・・続く