現代人を脅かす活性酸素とは? | 株式会社 紬~つむぎ~

現代人を脅かす活性酸素とは?


活性酸素は病原菌を退治してくれるなど、私たちの体を守ってくれる必要不可欠な存在です。しかし、その高い攻撃性ゆえに、過剰に発生すると体に悪影響を及ぼします。

普通では聴きなれない言葉ですよね・・・・。

現代人にとっては避けることの難しいストレスや喫煙、飲酒、紫外線などによって、活性酸素は大量に発生します。

大量に発生した活性酸素は、体内の細胞を攻撃し、「酸化」させてしまいます。
「酸化」するということは、つまり体が「サビて」いくということなんです。

でわその為に、どのようにしたら良いのか?
高い活性酸素吸収力を持つファイトケミカルスと言う言葉は聴いたことがありますか?
(ファイトケミカル, フィトケミカルとも呼ばれる)。

自然の栄養素に、目を向けてみると、過酷な自然環境で生きる植物は、色や香りで、自身を紫外線や外敵などから守ります。

その植物の色や香りのもととなる成分が、ファイトケミカルス(ファイトケミカル, フィトケミカルとも呼ばれる)なのです。

ビタミンやミネラルにも活性酸素吸収力のあるものがありますが、ファイトケミカルスはそれらと協力し、優れた活性酸素吸収力を発揮します。
植物が自身を守るために生み出した生き抜く力、それがファイトケミカルスです

でわどこにあるの?
ファイトケミカルスは、私たちが日頃から食べている野菜や果物にも含まれているんですよ。

しかし、最も多く含まれているのは、皮や種子など普段は口にせず捨ててしまう部分なんです。さらに、苦味や香りが強い植物に含まれているので、食事だけで摂取するのは難しいのです。

例えば?
ファイトケミカルスは野菜や果物など植物のみが持つ有用成分の総称で、その種類は何千~何万種類もあるといわれています。
よく知られているファイトケミカルスには、トマトに含まれるリコペンや、大豆に多く含まれるイソフラボン、お茶に含まれるカテキン、ブドウに含まれるレスベラトロールなどがあります

~第7の栄養素として覚えておく~

6大栄養素といえば、炭水化物(糖質)、脂質、たんぱく質、ビタミン・ミネラル、食物繊維のこと。

ファイトケミカルスはこれらに加えて、第7の栄養素として注目されています。

この言葉を覚えておくと、便利です

・・・・続く