妊活をする上での知識 | 株式会社 紬~つむぎ~

妊活をする上での知識


……まず何から始めればいいのでしょう・・・と言うのが普通だと思います。

実は色々な説がありますが、妊活には、年齢が大きく関わってくるとも言われています。
特に、女性の年齢は大事です。なぜなら、卵子は加齢とともにどんどん少なくなり、衰えていき、卵子は老化するのです。

毎日作られる男性の精子と違い、女性の卵子は、お母さんのお腹の中にいる胎児期に一生分が作られます。その数は、700万個。

そしてそれは、この世にオギャーと生まれた瞬間には100万から200万個程度になり、初潮を迎えるころには30万個程度まで減り、その後年々減っていくばかりなのです。
一様学校で習うと思いますが・・・中々覚えていない方もいます。そうリアル的にピンとこないとも言われます。

なので、20代前半の女性と、30代後半の女性では、妊娠できる確率がまったく違ってくるわけです。また、女性の加齢とともに、流産率も高くなります。

妊活というと、「夫婦で排卵日に合わせて性交渉すれば、そのうち妊娠する」と考えている方は多いと思いますが、それは年齢によっては遠回りで時間の効率が悪い場合もあります。

妊活に臨むなら、まずは知識としてきっちり受け止めなければいけません。

そして、もし、あなたが35歳以上で、妊娠を希望しているのにも関わらず半年間妊娠しないのなら、何らかの次のアクションをした方がいいといわれています。

40歳以上ならば、「妊娠したい」と思ったらすぐにでも受診し状態を確認しなければなりません。
地域によっては、不妊治療の補助もしていますので、合わせて確認される事をお勧めします。

さて、不妊治療には、基礎体温や超音波検査で排卵日を予測して性交渉をするタイミング療法から、排卵誘発剤を使って排卵をさせるタイミング療法、人工授精、体外受精、顕微授精……それぞれの夫婦の年齢や状況・状態に合わせたアプローチがありますが、加齢とともにできることや時間が限られてきます。

まだ34歳未満で、妊娠を希望してから1年未満であれば、排卵日に合わせて性交渉するというタイミング療法から夫婦で取り組んでみてもいいかもしれませんが、1年経っても妊娠しないようであれば、不妊治療専門クリニックを進める方もいます。

子宮内膜症や感染症などが原因で卵管が詰まっていて妊娠しにくくなっている場合などは、治療をすれば妊娠しやすくなることもあります。

ただし、これまでコラムで記載しましたように。
「体の準備」ができていることが一番重要になります。

水や食べ物による「体の土台」を準備が必要です。
良い作物もまずは土から。
栄養のある食べ物は、その水と土によって、変わります。

人間も同じく、長い間の習慣や蓄積が、大きく弊害になることがあります。歳を重ねれば重ねるほど、まず自分の体を知ることも重要だという事を忘れないでください。

・・・・続く