産後ダイエットのキー | 株式会社 紬~つむぎ~

産後ダイエットのキー


これはまさに「授乳」の消費カロリー

「母乳を出すとダイエットになる」とよく聞きますが、実際、母乳をあげるとどれくらいのカロリーを消費するものなのでしょうかご存知でしたか?

母乳を100ml出すにあたって消費されるエネルギー量は、およそ82.5kcalです。日本人の1日平均の母乳分泌量は780mlですから、1日の授乳で消費できるエネルギーは、約644kcalになる計算です。これは、ほぼ1食分のカロリーに相当しますから、かなりの消費量ですよね。体脂肪を燃やすには時間がかかりますが、授乳中でも確かなダイエット効果が望めそうなんですよ!

赤ちゃんのお世話と両立させる「ながら」エクササイズに挑戦もありなんだと思いました。

積極的に体を動かしてダイエットしたいあなたにおすすめしたいのが、育児をしながらでもできる「ながらエクササイズ」です。

赤ちゃんを抱っこしながらのスクワット

おむつ交換が終わったら、毎回、スクワットを3回~5回挑戦。ポイントは上半身が倒れないように。骨盤回りの筋肉強化にも効果的で、骨盤が元へ戻るのも助けるエクササイズです。

おしり歩きでハイハイ赤ちゃんと競争!

足を前に投げ出して、床に座ってください。そして、足を使わず、腹筋や背筋など上半身を前後にゆすったり、腕の振りだけで前に進みます。おしり歩きすることで、上半身全体やおしり周りの筋肉を使います。ハイハイしている赤ちゃんより早くゴールを目指してくださいね。ハイハイ上手な赤ちゃんともなるとかなりスピードで動きます。ママ、負けないで!

テレビを見ながら赤ちゃんを持ち上げたり下ろしたりする

やるときは、背中を意識して。育児中は前かがみ姿勢が多く背筋が弱くなりがちです。ここでも、CM中は「ながらエクササイズ」をする、と簡単なルールを設けます。こうすれば、15分に1回はエクササイズタイムが強制的に始まります!

赤ちゃんを抱っこしながらウォーキング

通常のウォーキング(60分間)での消費カロリーはおよそ130kcalですが、赤ちゃん抱っこ+ウォーキングを組み合わせると、180kcalものカロリーを消費します。その差は約1.4倍!

ベビーカーでのお散歩中に公園で休憩して、5分程度ウォーキングしてみましょう。夜、ご主人と一緒にお散歩し、ご主人はベビーカーを押してもらう係、ママは赤ちゃん抱っこウォーキングするのもGood。

ご主人と落ち着いた会話を楽しめればストレス解消と、一石二鳥です。帰り道は赤ちゃんをベビーカーへ戻し、今度は早歩きを試みたり、いろいろとトライしてくださいね。

意外と子育てしながらのダイエットあるんもんですね!

・・・・・続く