企業内保育の必要性 | 株式会社 紬~つむぎ~

企業内保育の必要性


事業所内保育所(託児所)とは、企業内または事業所の近辺に用意された、育児中の従業員向けの託児施設のことです。
その目的は、小さなお子様を育てながら働く従業員が安心して働けるようにすることなんです。

企業が、専用の保育園を用意することで産後のお母さんも比較的早く職場に復帰でき、子どもが比較的小さなうちから育児と仕事の両立を図ることができるからここ山口県でも注目される産業になります。

実際、女性が活躍する主要な会社の大半が事業所内保育所(託児所)の開設に向けて検討を始めていると言われています。

施設の準備や運営にはもちろんコストがかかります。
ただし多くの会社のシミュレーションでは、この施設によって働けるようになる女性のもたらす収益、従業員満足度の向上による社風の向上、新規採用時に求職者に与えるインパクトなどのメリットを考えれば、十分費用対効果に見合う投資である、と言われています。

また金額で図ることはできませんが、企業と雇用と子育て世代を繋ぐ役目としては、政府もまた動き始めてる事は確かです。

ポイント1 絶対の安全性

社員のお子様の安心・安全が保護されるかという点が最も基本的なチェックポイントとなります。
保育の実績や経験、スタッフの教育レベルを中心に判断し他方がいいです

ポイント2 保育に対する姿勢

事業者がどのような保育理念を持っているかも重要なポイントです。
単に子どもを預るだけでなく、子どもの人格形成や成長を重視した保育であるかどうか。
事業内託児所は企業側、従業員側のニーズのみをとらえがちですが、子どもにとってよい環境であるかが実は一番重要といえます。

紬では、今後、このような取り組みを中心に市内各企業との連携を考えています!