認可保育園と認可外保育園の料金の違い | 株式会社 紬~つむぎ~

認可保育園と認可外保育園の料金の違い


保育園には大きく分けて、認可保育園と認可外保育園があります。それぞれ入園の申込み方法の違いがあったり、保育資格の有無、国の基準を満たしているのかどうかなど様々な違いがあります。

特に保育料の設定に関しては大きく違うので、ここではそれぞれの保育料金の違いや特徴を説明します。

保育園経営を考えている方は参考にしてください。

★認可保育園

認可保育園は国が定めた基準を満たした各都道府県知事に認可された保育園のことを言います。
認可保育園の保育料は、各世帯の所得によって異なります。 親の前年の所得額に応じて半年ごとに更新される 仕組みです。

生活保護を受けている家庭は無料になり、収入が低い家庭は保育料が低く設定されます。

逆に、所得が非常に高いなら、0歳児の場合だと月額6、7万円になることもあります。
認可保育園を経営すると、 自治体から助成金が入るので、認可外保育園よりは安い料金になることが多いです。

人員配置はゼロ歳児3人に対し、保育士1人、看護師雇用と嘱託医との契約が必要です。

★認可外保育園

国が定めた基準は満たしていない保育施設という文類にはなりますが、それを補っている素晴らしい保育をしている園もあります。
認可外保育園には国の規制がないので、自由に保育料の設定 をすることができます。運営に関して自治体からは補助金が支給されないので、保育料は高く設定せざるをえないです。

ゼロ歳児の場合は月額5、6万円になることもあります。地域によっては保育料の上限が決まっている場合もあり、場合によっては補助金が出る場合もあるので、自治体に確認をするようにしましょう。

保育料以外にもミルクやオムツ、食費などは別途料金がかかるところがほとんどです。