育児休業給付とは? | 株式会社 紬~つむぎ~

育児休業給付とは?


知ってるようで知らないこの制度。

出産育児に関して福利厚生から支払われるものについては一般的には3つあります。

所属の健康保険から支払われる出産手当金

出産時にもらえる出産一時金42万円
産前42日から産後56日までの98日間もらえる

の2点に加えて、産後58日目から1歳になるまでの間、雇用保険から支払われるのが育児休業給付金です。

支払われる金額は、
「休業開始時賃金日額(育児休業開始前6か月間の平均日額)×支給日数(30日)×67%(育児休業の開始から6か月経過後は50%)」

と定められています。

通常の給与は、そこから税金や社会保険等が引かれるのですが、育児休業給付金は非課税なので最初の半年間は手取りの約7割程度もらえる場合が多く、育児中の家計の大きな支えになる制度です。

およその給付額参考として

平均して月額15万円程度の場合、育児休業開始から6か月間の支給額は月額10万円程度、6か月経過後の支給額は月額7,5万円程度
平均して月額20万円程度の場合、育児休業開始から6か月間の支給額は月額13,4万円程度、6か月経過後の支給額は月額10万円程度
平均して月額30万円程度の場合、育児休業開始から6か月間の支給額は月額20,1万円程度、6か月経過後の支給額は月額15万円程度

※厚生労働省HP参照

現在育児休業中の方はこの給付金を活用している方が多いと思いますが、この制度は職場復帰を前提とした制度です。

育児休業中に転職したら、貰った育児休業給付金はどうなる?
意外と気になるところであります。

もしも育児休暇中に転職をして、現在の職場に復帰せず新しい会社に就職した場合はどうなるのでしょうか。

それまでに受け取った給付金は返還しなくてはいけないのかなと心配になりますね。

結論から言いますと、最初から復帰するつもりがなかった場合は給付対象にならないのですが、結果として復帰しなかった場合は返還する必要はありません。

ですので、「現職に復帰するつもりでいたけれど、出産後の環境が変わり、職場も変更することにした」ということであれば、育児休業給付金の返還義務はありません。

ただし、もちろん転職が決まった場合はその時点以降は、現職への復帰予定はなくなりますので育児休業給付の対象外となります。

ここを良く理解しないといけません。