障害を持つ子どもが利用する施設について | 株式会社 紬~つむぎ~

障害を持つ子どもが利用する施設について


保育施設は、保護者に代わって子どもを守り、育てるところです。

保護者に理由があり子どもの保育ができない間、その役目を代わり、サポートします。

保護者が仕事や病気などの理由で、障害を持つ子どもを預ける際には、子どもの障害の状況などによって施設を決めます。

障害児専門の「障害児通所支援」サービスを行う施設もしくは、保育施設の中で障害のある子どもへの対応をしているところ、いずれかの選択になります。

障害児通所支援サービスの施設で、6歳以下の子どもが利用するものには主に「福祉型児童発達支援センター」と「医療型児童発達支援センター」があります。

福祉型は「日常生活における基本的な動作の指導、知識技能の付与、集団生活への適応訓練」などを行い、医療型は「上肢、下肢または体幹の機能の障害のある」子どもが利用する、という種別になっています。

これらの施設は、2012年の児童福祉法改正にともなって、以前は「障害の種別」によって分かれていたのを、住んでいる地域での利用がしやすくなるように利用する子どもの年齢(未就学児か就学児か)で分けるようになりました。

・・・・続く