保育施設での障害児保育の問題とは | 株式会社 紬~つむぎ~

保育施設での障害児保育の問題とは


統合保育を実施する保育園など、障害のある子もない子も通う施設では問題もあります。

まずは、「条件」の面で保護者にとって厳しい場合があるということがあります。施設の受け入れ態勢に子どもの障害の状況や保護者の状況が合致しないということで「保育所に入れたくても入れない」状態になることがあります。

施設側や保育者側の事情もあり、簡単に解決できるものではありませんが、このハードルが下がることによって障害を持つ子どもの保護者が「救われる」ことがあります。

障害を持つ子どもの保護者が働くこと、働き続けることには、子どもへのサポートのために、困難がともないます。

それが経済面をはじめ、さまざまな不安にもつながっています。十分な保育サービスを受けたい、というのは障害を持った子ども、持っていない子ども、どちらの保護者でも同じなのです。

保護者の不安や困ったことを解消する保育サービスとして、障害児保育の充実が望まれています。

行政の言う「子育て支援」はすべての子育てに反映しないと意味が無いです。
それは行政だけに頼るのではなく、民間や民間企業・団体が自由に起業できたり、ボランティアだけではなく、事業として展開できる土台を作るのも「子育て支援」のひとつだと
紬は考えます。