抗糖化と体質改善は子供にとって大きな意味を持つ | 株式会社 紬~つむぎ~

抗糖化と体質改善は子供にとって大きな意味を持つ


最近の日本は、身体的にも精神的にも不健康である人が増えてきています。
それは、子育てママもパパも同様に「予備知識」が無いまま過ごしてる事が原因でもあります。

例えばガンや脳卒中といった三大疾病や糖尿病などの生活習慣病が原因で亡くなる人は年々増加傾向にあり、うつ病など精神的な疾患から自殺を図る人も増加の一途を辿っています。

「自分は関係ない」という事ではなく、意外と周りを見渡したら、その存在にびっくりします。

中でも花粉症やアトピーといったアレルギー疾患を抱える人は一昔前に比べるとはるかに多くなっています。

これは「花粉の量が増えたからだ」という人もいますが、実際には私たち現代人の体が弱くなってしまっていることに原因があります。

特に最近ではアレルギー疾患の低年齢化が問題となっており、3歳以下の子供の3人に1人は何らかのアレルギー疾患を抱えているという報告もあります。

近年医療費が国政を圧迫しているという問題を抱えているというのに、このような不健康な子供たちがそのまま大人になってしまうという事は、あまり真剣に考えていなかったことです。

医者は病気を治す手助けをしてくれますが、健康な身体を作ることは自分にしかできないことです。

子どもでも将来を見据えてしっかりとした健康な体を自分で作っていくことが大切だという事を子育てをしながら、考えないといけないのです。

ではそのためにはどうしたら良いのでしょうか?

子どものうちから健康な身体を作るためには、まず体質改善に取り組む必要があります。

この体質改善をするうえでは、空気と水、そして栄養という3点の質を上げることがカギとなります。
明日からはこのシリーズを掲載していきます。